水のトラブルが発生した時にまずやるべきこと

水のトラブルは、いつも予期せぬ時にやってくるものです。朝や夕方など急いでいる時や忙しい時間帯に発生するとパニックになりがちですが、こういう時こそ落ち着いて行動することが早急な問題解決に繋がります。いざという時に慌てなくて済むよう、私達は事前に水のトラブルが起こった時の対処法について知っておかねばなりません。ここでは、水のトラブルが発生した時の基本的な対処の仕方や、自分で修理が可能な場合とそうでない場合との見分け方、確認しておくべき事項などを紹介します。

■まずは落ち着いて状況確認

水のトラブルが発生したら、まずは落ち着いて原因を突き止める必要があります。つまりやにおいであれば、排水口にごみが溜まっていないか、汚れが蓄積されていないか、原因となるような物を流していないか等を確認します。また、水漏れであれば、水が出てきている部分を辿って部位を特定し、劣化や破損の有無を確認します。
急いで修理を手配しなくてはならないのは、水が溢れ出て床まで到達しているような場合です。特に床が木製の場合には傷んでしまう可能性があり、最悪の場合には床の腐食が進んで床板を取り換える事態にまで発展しかねません。そうならないためにも、早急に専門の修理業者に連絡しましょう。

■自分で修理ができる場合と修理業者に頼んだほうが良い場合

水のトラブルのうち、つまりやにおいについては原因となる物を取り除き、綺麗に掃除をした後にパイプクリーナーを用いれば自分で対処できる場合がほとんどです。水漏れの場合にも部位を特定できればそのパーツを交換するだけで済みますので、業者を呼ばなくとも対処することはできます。但し、水が溢れ出て床まで濡らしている状態の場合はなるべく早く水のトラブルに強い修理業者に連絡をとる必要があります。その他、給湯器の水漏れや、洗濯機内部の水漏れに関しても電気やガスの専門の知識を要するため、必ず修理業者を依頼しなくてはなりません。

■まとめ
水のトラブルが発生したら、まずは原因を突き止めましょう。つまりやにおいであれば、原因となる物を取り除き、最後にパイプクリーナーを使用するだけで大部分の場合は対処できます。また、水漏れについては原因や状況によって対応が異なります。パーツを交換するだけで修理可能な場合もありますが、床まで水浸しになっているような時や、給湯器の水漏れ、洗濯機内部の水漏れに関しては的確な専門家の対応が不可欠ですので修理業者に連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ