水のトラブルを自分で解決したいなら知っておくべきこと

つまりやにおい、水漏れといった水のトラブルが発生したら、なるべく修理業者に頼らず自分でどうにか修理を試みたいという方がとても多くいらっしゃいます。実際、簡単なトラブルであれば自分で対処ができますが、素人が触れずに業者に依頼した方が良いケースもあります。
ここでは、自分で対処できるトラブルと業者に依頼した方が良いトラブルの見極めや、自分で対処する場合にやるべきこと、準備するものなどを確認しておきましょう。

■つまりやにおいトラブルを自分で解決したい場合

トイレやキッチン、洗面台のつまりやにおいといったご家庭でよくあるトラブルについては、市販されているラバーカップやパイプクリーナーを使うことで解決できます。ラバーカップがない場合もペットボトルなどで代用ができます。また、頑固なつまりには、排水口にフェイスタオルなどを詰めて栓をしてから60℃のお湯をシンクに溜め、いっぱいになったら栓を外して一気にお湯を流し込むといった方法があります。パイプクリーナーを使用した後に試せばさらに効果的です。絶対にやってはいけないのは、排水口に長い棒を突っ込んだり、80℃以上の熱湯を注いだりすることです。排水管が傷んでさらに厄介な状態になる可能性があります。

■水漏れトラブルを自分で解決したい場合

蛇口やシャワー、排水管からの水漏れは自分で解決することが可能です。水漏れがどこから発生しているのかを確認し、該当するパーツをホームセンターなどで購入して取り替えるだけで修理が完了します。パーツの型やサイズなどを間違えないよう気を付けましょう。洗面台の下から水が漏れていたり、床まで達してびしょびしょになったりしているような状態の場合は、床が傷んで大事になる可能性がありますので、専門の業者にお任せするのが一番です。給湯器の水漏れについても自分で修理が可能ですが、給湯器の内部から水漏れを起こしているような場合は素人が触るのは危険です。早急に修理業者を手配しましょう。

■まとめ
水のトラブルには、自分で解決可能な場合と不可能な場合があります。素人が行うと事態が悪化したり危険な状態になったりすることもありますので、状況を見極めて対処しましょう。つまりを解消するために60℃のお湯を使うのは有効ですが、熱湯を流すことは排水管を傷めるので絶対にやめましょう。長い棒を突っ込むのも同様です。部品交換を自分で行なう場合には型やサイズを間違えないよう気を付けます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ